いよいよゴルフ本コースデビューという人のためのアドバイス

さあ、いよいよ数日後は初めてのゴルフコースという方、今迄のゴルフ練習の成果がどれ程のものか、少し興奮と緊張で胸がいっぱいになっているのではないでしょうか?

 

お気持はよく分ります。誰もが初めての時は、前日の夜は眠れないほど興奮してしまうものです。でも事前にしっかり持ち物の準備と気持の準備はしておきましょう。

持ち物の準備

ゴルフウェアやゴルフシューズは揃えていますよね。クラブも必要なものは揃っているでしょうか?よく自宅でパターの練習をしていて、うっかりキャディーバッグにパターを戻し忘れ、肝心のコースにパターなしで来る人もいます。

 

パターがなければグリーン上では他のクラブは使えないのでしっかり確認してくださいね。そしてボールです。初めてコースを回る場合は何があるか分りません。OBや池ポチャなど何個ボールを失うか分らないので多めに持っていきましょう。高級なボールなもったいないですよ。

 

できれば失くしても惜しくないような、一袋いくらのボールをお勧めします。最低でも20個は持っていたいですね。そして大汗をかくと思うのでタオルも必需品です。また季節によっても違いますが、山間は急に天候が変わることも多いので、レインウェアやウィンドブレーカーも用意しておくといいですね。

気持の準備

ゴルフは紳士のスポーツと言われているので、マナーが重要です。特に遅刻は厳禁です。初めてのコースに行くのに、ゴルフ場までの道や渋滞の程度もよく分らないと思うので、できれば一緒に行くメンバーの方に連れて行ってもらうようにしましょう。どうしてもひとりで行かなければならない場合は、最低でもゴルフコースには1時間前には到着できるように、渋滞のことも考え、余裕を持って出発してくださいね。

 

ゴルフのコースを回り出したら、とにかく自分のボールを追うのに一生懸命であまり周囲のことを考える余裕はないと思いますが、ゴルフは皆で楽しむものです。最初は誰でも思ったように上手くいかなくて当たり前なのです。

 

そんなときに無口になったり、ふてくされていては一緒に回っているメンバーに気を使わせてしまいます。またゴルフは性格がもろに出てしまうスポーツでもあります。自分に情けない思いや、腹立たしい気持になっても皆の気分を壊すような言動には注意しましょう。

 

とにかくコース初日は大変な体力と気を使うことになります。しかしそれを乗り越えて、ゴルフの素晴らしさや楽しさも分るのです。充実した楽しい一日を送る為にも前日は早寝してしっかり睡眠をとることをお勧めします。

 

テーラーメイドはもう古い!今話題の高反発ドライバーとは?