ゴルフのベストインパクトを知るには、打球音を聞き分けよう!

昔からゴルフが好きで続けてはいるものの、なかなか上達しなかったり、飛距離が出ないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ゴルフコースを回る時などは、やはり、飛距離が出ないと楽しくありません。

 

また、ゴルフボールを打った時、思いがけず飛距離が出た時の爽快感というものは、とても気持ちのいいものです。日頃、ゴルフ練習場などで飛距離を出そうとして、力任せにゴルフクラブを振り回していても、なかなか飛距離というものは出ないものなのです。

 

もちろん、飛距離を出すためには、日頃からの打ちっぱなしなどの練習の積み重ねが大切であることは間違いありません。また、広い打ちっぱなしの練習場であれば打球を目で見て判断することができますが、室内練習場などの狭い場所では、ベストインパクトかどうかわからないことがあります。

 

そういう場合に、今のスイングがベストインパクトだったのかどうかを判断する方法があります。
それは、打球音を聴くことです。なぜならば、ベストインパクトとは、クラブのスイートスポットで打って初めて、心地良い打球音がするものなので、その時の打球音を聞き分けることで、今のショットがどうだったのかということも分かるからです。

 

スイートスポットにボールを正しく当てることができれば、そのクラブでボールを最も遠くに飛ばすことができる場所に当たったことになります。その結果として、心地良い打球音が出るのです。逆にスイートスポットに当たらなかった場合は、打ち損ないになるため、心地良い音は出ません。

 

心地良い打球音はどんなスイングをしても必ず出るというわけではなく、ベストスイングをした時にこそ出るものなのです。どのドライバーでも、芯に当たれば心地良い打球音がするのです。

 

まだ、どれが心地いい打球音かどうかわからないという方は、他の人のスイングを参考にしながら、打球音を聞き分けてみるのもいいでしょう。ベストスイングが出た時の打球音を意識して、今後の練習に活かしていきましょう。

 

普段から、練習場で打ちっぱなしの練習を積み重ねていき、その後、ゴルフ場のコースに出た時に、日頃の練習の成果をみてみましょう。

 

コース上でドライバーを使って振り抜いた時に、心地良い打球音が聞こえたならば、そのバールも思っている以上に遠くまで伸びているに違いありません。心地良い打球音は、ベストインパクトの判断基準として、重要なヒントを与えてくれるのです。

 

テーラーメイドはもう古い!今話題の高反発ドライバーとは?